リビンマッチ(旧スマイスター)Magazine Bizを参考にしたファンサイト

■当サイトは?
このサイトは日々、不動産のいろはをMagazine Bizサイトをチェックしている私が気になった情報を皆さんにも共有しようと、始めました。基本的には毎月、いくつか面白い不動産関連の記事をアップする予定です。

■リビンマッチ(旧スマイスター)って何?
まず、「リビンマッチ(旧スマイスター)」とは不動産売却や不動産買取、賃貸管理、土地の活用、リノベーション、注文住宅、不動産の求人情報など幅広いサービスを提供しているポータルサイトです。 不動産をより高く売りたいと考えた時に、複数社の査定を一括で、さらに無料で行うことができます。住んでいる地域ごとでの査定ができるので、参考になります。

TOPイメージ

また、このリビンマッチ(旧スマイスター)が提供しているサービスの中の1つで「リビンマッチ(旧スマイスター)MagazineBiz」という不動産・住宅関連業界のビジネスマン向けの情報サイトがあり、当サイトはこちらのファンサイトになります。

■リビンマッチ(旧スマイスター)MagaZine Bizとは?
上記にあるように、リビンマッチ(旧スマイスター)が提供している不動産・住宅関連業界のビジネスマン向けの情報サイトです。このサイトでは、不動産業界に従事している経営者、業界を知り尽くしているコラムニストが日々情報を発信しており、不動産業界にいる方はもちろんそうでない方が見ても非常に参考になる記事が多いです。私自身、今後自分で不動産取引を行っていきたいと考えていたために、不動産には興味があったので毎回ふむふむと思うことが多いです。

全てではありませんが、リビンマッチ(旧スマイスター)Magazine Bizサイトの記事についてご紹介させて頂きます。

●分かりやすい!不動産業界シリーズ
不動産賃貸仲介業について、概要から法律の体系、今後の動向までを詳しく解説してくれています。例えば歴史では、人々に土地が私有財産として認められ始めたのは、明治時代になってからで1872(明治5年)年に「田畑永代売買」が解禁されてからと言われています。 その後、第一次世界大戦の1921年(大正10年)には、現在の借地借家法の前身となっている「借地法」、「借家法」が制定されます。等、ここではさすがに全部紹介するわけにはいきませんが、時代背景からどんな法律が制定されて、どのようになっていたのかを詳しく解説がされているので非常に読み応えがあります。不動産業界に従事している人であれば、一度は読んでおくと良いのではないでしょうか。また時代ごとに解説がされているので、その時代では賃貸をどのようにして納めていたのか、など歴史の勉強にもなります。

●業種ごとのコラムが豊富
宅地建物取引士、行政書士、不動産鑑定士、不動産コンサルタント、会計士、ファイナンシャルプランナーなど各業種に応じてその資格を持つコラムニストがコラムを書いており非常にためになる情報が豊富です。

●不動産業界ランキングシリーズはおすすめ!
このシリーズは様々な視点から不動産に関するランキングをリビンマッチ(旧スマイスター)が同時で調べたものを掲載しています。

例えば、、、
・不動産企業 売上ランキング
こちらでは、上場している不動産企業を、売上別にランキングで紹介しています。

詳しくはページを見て頂けたらと思いますが、このようにリビンマッチ(旧スマイスター)が色んな視点からランキング化しているので、参考になることが多いですし、非常に面白いです。

●不動産取引きをする際に役に立つツールが豊富
不動産情報配信の他に、ローンを借入れた場合の毎月の返済額とボーナス返済額などをシミュレーションできる「ローン返済シミュレーター」、住宅を住み替える場合に必要な借入れ可能金額をシミュレーションできる「住み替えシミュレーター」など便利ツールが豊富にあります。

●おすすめコラムも面白い!
私自身、不動産の勉強のため、気になるコラムだけを見るようにしておりますが、こちらでは人気コラムをマンスリー、ウィークリー、デイリーにてランキング表示しておりますので、こちらから様々なコラムを読むことができます。

色んなコラムニストが様々な観点からコラムを書いておりますので、1日では読み切れないかもしれませんが、お手隙の際に読むといいかもしれません。

●管理人おすすめのコラムを紹介
上記ご紹介した通り、それもおすすめではあるのですが、「不動産売却」コラムは不動産についてあまり知らない方が読んでも分かりやすく、面白いのでおすすめです。
ランキングはもちろん、リフォームしたいという方に向けには、実際にリビンマッチ(旧スマイスター)を活用した方にアンケートを取り、家を売る時にリフォームするのか?という情報を詳しくまとめております。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の関連サイトは他にもたくさん!
ここまでは、当サイトに関することについて少し長くはなりましたが、紹介させて頂きました。しかし、中にはこういう情報だけではなく具体的に不動産を売買する時に役立つあれこれだったり、マイホームを建てる上で注文住宅の情報が欲しい、不動産業界で働いてみたいなど様々な角度から情報が欲しいという方もいるのではないでしょうか。

リビンマッチ(旧スマイスター)では不動産に関する様々なサービスを提供しておりますので、気になるサービスございましたらチェックしてみると良いでしょう。サービスの詳細については下記になります。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の不動産売却
不動産の売却を検討している方必見。自分の不動産がいくらなのかを住んでいる地域ごとに最大6社から無料で査定できるサービスです。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の不動産買取
相続物件の売却を検討している方、少し安くてもすぐに現金化したいという方、住宅ローンについてお困りの方、物件の買取価格を一括査定し複数の買取査定額を比較できるサービスです。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の任意売却
住宅ローン返済にお困りの方、不動産の競売開始決定通知が届いた方など任意売却の相談がしたい方に向けたサービスです。お住いの近くで任意売却の無料相談が可能な機関を簡単に探すことがこちらのサービスでは可能です。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の土地活用
アパート経営をはじめとして駐車場経営、戸建賃貸、高齢者住宅、資産活用などご検討中の方に向けて、土地活用のプランを選択いただき、一括で資料請求や問い合わせを行うことができるサービスです。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の賃貸管理
自分が所用している不動産を貸したいとご検討中の方、今の賃貸管理会社に満足しておらず、変えたいと思っている方などに複数の管理会社に一括で資料請求できるサービスです。自分のニーズに合った管理会社を比較検討できます。

■リビンマッチ(旧スマイスター)のリノベーション
リノベーションに興味がある方、現在住んでいる家をリノベーションしたい方、リノベーション済の住宅を探したいまたは購入したいと考えている方に向けて提供しているサービスです。条件に応じてマッチしたリノベーション会社を探すことがこちらのサービスでは可能です。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の注文住宅
全国各地のハウスメーカー、工務店、設計事務所などの注文住宅建築プランを一括で徹底比較することができるサービスです。比較検討して気になったハウスメーカーや建築プランは無料でカタログ請求できるので、実際に住宅展示場に行く際、行った後にも活用ができます。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の人材紹介
不動産業界に特化して、採用情報、面接対策、入社に至るまでサポートしてくれるサービスです。不動産業界に就職したい、転職したい方はこちらのサービスを活用することで、好まれるコミュニケーション方法、事前準備は何をすればいいのかなど、面接に臨めるようサポートをしてくれます。興味ある方はまずは話だけでも聞いてみると良いかもしれません。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の不動産求人情報
リビンマッチ(旧スマイスター)では不動産の求人情報も色々紹介しています。雇用形態で探したい、勤務地、年齢など気になる条件から全国各地の求人情報を検索できるので、手軽に見ることができます。

■リビンマッチ(旧スマイスター)の不動産会社データベース
全国各地にある不動産会社をここでは検索することできます。結構な数の企業数が掲載されているので、何かこの地域で検索したいという方などはこちらを活用すると良いでしょう。

■リビンマッチ(旧スマイスター)Magazine biz
当サイトはこちらのサイトを参考にしています。(上記でも書いてはおりますが)リビンマッチ(旧スマイスター)が提供している、「リビンマッチ(旧スマイスター)Magazine biz」は、定期的に不動産業界に関する情報を配信しているニュースサイト?みたいなサイトです。不動産に関する気になるお得な情報や豆知識など、不動産業界で働いている方は特に見ておくと便利なサイトなのではないでしょうか。

■リビンマッチ(旧スマイスター)各サービスを利用した方の声
不動産を売る、買うなど大きなお金が動くと中々行動に移しづらいものです。どんな商品でもサービスでも実際に購入または活用してよかったのかどうなのかというのは気になるところです。そこでリビンマッチ(旧スマイスター)のサイトに掲載しているお客様の声より、いくつか参考になりそうな実際の声を抜粋いたしましたので、紹介させて頂きます。

●リビンマッチ(旧スマイスター)から利用者の声
・「住み替えて、空き家になった家を売却しようと思っています」

利用者の声イメージ

お名前 O様 性別 女性 年齢 50代
物件所在地 香川県丸亀市 物件種別 一戸建て
契約形態 一般媒介契約
リビンマッチ(旧スマイスター)利用時期 2015年6月 査定最高価格 370万円
媒介契約締結時期 2015年6月 査定最低価格 370万円

Q.香川県の空き家の売却を検討した理由は?

A.不動産の売却は初めてでした。
住み替えをして、1年ほど空き家になっていた家の売却です。
家にチラシが入っていて、その不動産屋さんにお願いをしたこともありましたが、タイミングやご縁の関係でうまくいきませんでした。売却活動の状況や、内覧者の報告なども次第に少なくなり、後から思うと、間を取り持ってくれた不動産屋さんが上手くやってくれればもっと良い結果になっていたかもしれないな、と考える時もありました。

そんな中、インターネットでリビンマッチ(旧スマイスター)を見つけました。
ネットで気軽に申し込んで、複数社に相談することで素敵な不動産屋さんと出会えたと思っています。

Q.これまでインターネットでリビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトをご利用されたことはありますか?

A.ネットですぐに申し込みができるところですね。
何ヶ月も前から住み替えた空き家を売却したいと思ってはいたのですが、なかなか不動産屋さんまで足を運ぶ時間がなく、そういった状況の中ネットで申し込めるリビンマッチ(旧スマイスター)のサービスはとても便利でした。

また、地元の不動産屋さん以外にも、例えば県外の不動産屋さんにも相談できたりなど、広く色んな会社様から意見がもらえることはとても参考になりました。

悪い点は特にありませんね。

Q.対応してくれた不動産会社の良かった点は?

A.空き家の実地査定に来て頂いたときに、「隣の家との境界線」を注意して見てくれて、後々トラブルにならないようにしっかりアドバイスして頂いた点ですね。

Q.担当者の対応の良かった点は?

A.担当の方の対応が早く、とても好感が持てました。
売却の相談をする上でも自分の利益や経済的な部分を優先せず、お客の目線で考えてくれているな、ということが伝わってきました。

Q.空き家の売却で思ったことを教えてください。

A.次に住まれる方が好んで住んでくれたら良いなと思いました。
私自身とても気に入っていた家で、空き家にしておくのがもったいないと考えていましたので。ご近所の方ともうまく付き合ってくれる方に購入してほしいと考えていました。

Q.空き家の売り出し価格はどのように決定しましたか?

A.最初、不動産の知識がない私には、査定の額が良くわかりませんでした。
どうしても、購入価格や過去のリフォーム費用などを考えてしまい、ついつい高い値段を意識していたのですが、査定額の根拠を教えて頂き、スムーズに売買が進むように不動産屋さんと相談し決定しました。

Q.今回の売却活動で初めて知ったことや驚いたことは?

A.タイミングが重要なことと、例え空き家でも物件をほったらかしはすることはダメだということですね。
売りに出た物件も、最初は「新しい物件だと」見る人に注目されますが、しばらく経ち「またこの物件だ」と思われてしまったらダメだということです。

Q.これから空き家を売却する方へのアドバイス

A.リビンマッチ(旧スマイスター)で不動産の売却を進めるということは、やはり広い範囲の会社に依頼ができるということが強みだと感じました。私のように不動産屋さんに声をかけようと思いながらなかなかできない場合は特に活用するべきだと思います。私は寝起きのままネットでリビンマッチ(旧スマイスター)を見つけ、入力フォームに条件を打ち込むと、すぐに電話がかかってきてトントン拍子で話が進みました。そういったスピーディーなところもリビンマッチ(旧スマイスター)の良いところだと思います。

そういった中で、こちらの気持ちや要望を伝えれば、あとはある程度希望を汲んで、仲を取り持ってくれる器量ある不動産屋さんを見つけることが重要だと思います。

●利用者の声を読んでの管理者コメント
売却時期のタイミングもありますが、ネットからリビンマッチ(旧スマイスター)に問い合わせをして申し込んだとのこと。また、売却なので次に住む人目線で担当者が査定をし、コミュニケーションをとっていることが大きいですね。担当者の方との相性というのも、査定するにあたり重要な要素ではないかと私自身思っているので、利益ももちろん重要だと思いますが、そこだけでなく的確なアドバイスもしているというのがこの方にも響いたのではないでしょうか。

また、不動産を査定するにあたり、いかにお客様に納得いただくか、何をもってこの査定額なのか根拠を明確にしてくれているというのも評価されているようです。 後は地域によって不動産会社が少ないということからか、県外にある会社からも色んな角度から相談や意見を受けることができたというのもリビンマッチ(旧スマイスター)の強みかもしれません。

■管理人から皆様へ

メッセージ

こちらのサイトにつきましては、リビンマッチ(旧スマイスター)Magazine Bizをチェックして気になった記事をいくつかピックアップして皆様にお届けしております。これから不動産取引を行っていきたいと考えている人間として、何も知らないというよりかは各方面から不動産関連のありとあらゆる情報をキャッチして吸収していければと考えています。そこで私自身でサイトを立ち上げ、私なりに気になった記事(本当は少しでも気になればバンバン記事を紹介したいのですが)を取りあげていきます。あくまで個人の感想というのも入ってはおりますが、素人の戯言と思って見て頂けると幸いです。更新頻度というのは、仕事の関係上、そこまで多くないかとは思いますがなるべく色んな記事を紹介できればと思いますので、是非ご覧頂けたらと思います。

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産会社経営に活用!最新情報が入手できるサイト

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産業界の最新情報が入手できるサイトを紹介していきます。 不動産業界の最新情報が入手できるオススメサイト 不動産会社を経営する際に役立つのは情報です。ここでは、不動産業界の最新情報を得ることができるオススメサイトを3つ紹介します。 リビンマッチ(旧スマイスター)「MagaZine Biz News」 不動産業界は、IT技術を導入することで発展していくと注目を集めている業界です。会社経営に欠かせない最新のWeb集客方法やAI技術の導入・IOT技術の導入など、不動産テックについての情報がリアルタイムで入手できる便利なサイトです。 リビンマッチ(旧スマイスター)「リビン総研」 お客さまが不動産を購入する場合や借りる際の要望は、時代の変化とともに変わります。お客さまの声を聞くことで業績を伸ばすことができると言っても過言ではありません。リビン総研では、お客様が不動産会社に求めることについて最新の情報が記載されています。不動産に関する世論調査結果を入手できることができるサイトです。 リビンマッチ […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産業界の最新情報を収集するための基本とおすすめサイト紹介

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産業界の情報を収集するための基本とおすすめサイトを紹介します。 不動産業界の情報収集をするための基本 情報収集の目的を決めておく 不動産業界の動向や現状、将来性などを知るために、専門誌や新聞の購読、ニュースのチェックなどを習慣にし、日々情報収集に努めている方は多いでしょう。 情報収集は、不動産の仕事や業務の向上には欠かせないものですが、適切な情報を効率よく得るためには、情報を収集する目的を最初に決めることが基本となります。 例えば、自分が得た情報や知識を、不動産の仕事や業務の現場でのアウトプットに役立てるという目的を決めることで、求める情報との接点ができやすくなり、必要な情報の取捨選択が明確になります。日々の情報収集が、不動産の仕事や業務の中でどのような成果を出せるのか、どのように生かせるのかを意識することが重要なのです。 情報のソースを確認する 不動産業界全体の傾向や最新のニュースなど、インターネットを利用して収集することが簡単になりました。不動産の仕事や業務の現場では、業界全体 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産情報サービスを充実させるために利用しよう!

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産業者が情報サービスを提供するにあたり、有効な記事をピックアップして紹介します。 不動産情報サービス「リビンマッチ(旧スマイスター)」 不動産を購入したいと考えている場合も、また売りたいと思っている場合も、消費者は多くの情報を必要とします。大金が動く取引になりますから当然です。不動産売買だけではなく、賃貸に関しても同様です。大切な不動産を賃貸に出す場合、また住居を借りる場合も同様に情報サービスは大切です。 そういった中でとても便利なサービスがリビンマッチ(旧スマイスター)です。不動産を売りたいと思ったときに、査定額を比較できます。申し込んですぐに、全国1,400社以上の不動産会社に査定を依頼して最大6社から査定した金額が送られてきます。また、所有している不動産を賃貸に出したい場合に、管理を委託する会社を探すためにもリビンマッチ(旧スマイスター)は便利です。 現在は、ネットであらゆるサービスが得られ便利ですから、それぞれの不動産会社も充実した情報サービスを提供することが大切です。消費 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産投資をする際にチェックしておきたい動向まとめ

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産投資をする際に知っておくとよい情報をご紹介します。   2020年の東京オリンピック後には、不動産価格は下がる? 現在、都内だけでなく、日本の一部の地域で土地の価格が高騰しています。 つまり、投資をするのであれば、今土地を購入すると高く買うことになります。そして、このオリンピック後には不動産の価格が下がるということであれば、オリンピック後にその土地を売却する場合は、購入価格よりも下がることがあるかもしれないのです。 オリンピック後に不動産価格がどうなるのかは、実際のところわかりません。しかし、世の中の人がどのように考えているのかの情報を知っておくことは、重要です。 不動産投資において、いつ不動産を購入するのか、売却するのかによって利益となるのか、損益となるのかが全く異なってきます。 以下の記事では、オリンピック後に不動産価格がどうなるのかという意識調査の結果を紹介しています。 【調査】不動産価格は「五輪後に下がる」が35.4%! 「不動産売却の経験がある30~60代の男 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産収集方法を意識するとビジネスに活きる

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産情報収集の仕方について解説をしていきます。 不動産情報を効率的に得る際に押さえておきたいポイント 不動産情報を効率的に収集することができれば、ビジネスに活かすことができます。情報を制するものは世界を制するという言葉もあるように、営業成績の高い優秀なビジネスパーソンは情報収集を積極的にしているのです。ここでは、不動産情報を効率的に得る際のポイントをお伝えします。 自分が知りたい情報を明確にしておく 情報を検索する際は「どのような情報を知りたいのか」を明確にしておくことがポイントです。とくにWebを利用した情報検索は、自分が知りたい情報以外にも沢山の情報が掲載されており、不必要にWebの情報を閲覧してしまうこともあるでしょう。 どのように不動産情報を収集するかを考える 不動産情報を収集する際には、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、不動産情報を収集する方法について紹介していきます。 1.不動産に関するサイトを利用する いつでも自由に閲覧することができるWebサイトは非常に便利 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産賃貸に関わる法律の歴史

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は「不動産賃貸仲介の歴史」です。 不動産の歴史について気になる方に、リビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中で不動産賃貸仲介の歴史 に関して詳しく記載してある記事になります。歴史を紐解いていくと、現代にも応用できる知識が身につくのではないでしょうか。 ■不動産賃貸仲介の歴史 不動産賃貸仲介は、明治時代から始まります。明治に入ると、土地所有の自由が認められるようになり、不動産が個人資産になりました。それにより、江戸時代に地主の代わりに貸家の管理や地代の取り立てを生業としていた家守(やもり)が貸家の仲介を始めます。これが賃貸仲介の始まりと言われています。 そもそも1870年に建物の管理は地主がすることになり、家守の職が奪われてしまいます。そこで、移動の自由や職業選択の自由によって都市部へ流入してきた人々の住宅斡旋をおこなうようになりました。 同時期に、大規模な不動産企業が誕生しますが、この頃は、土地取引の最盛期で貸家の仲介に企業は参加していませんでした。 江戸時代に職業選択の自由や […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産賃貸に関わる法律の歴史

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産賃貸に関わる法律の歴史」です。 不動産賃貸の法律について不思議な点があると気になる方は必見です。 ■明治~大正における賃貸の法律 人々に土地が私有財産として認められたのは、明治になってからで1872(明治5年)年に「田畑永代売買」が解禁されてからです。明治政府は、国民に土地を私有化させることで税収を得ようと考えました。これまでは、藩ごとに税率がまちまちだったため、1875年(明治8年)には地租改正を行い、土地価格の3%を地租(租税)として導入しました。 地租改正による地価の3%という税率に加え、現金での納税は、これまで米による年貢を納めていた人々にとっては大きな負担になりました。多くの農民は小作人になり、地主が有利になっていきます。同時に借地制度の需要が高まっていきました。 また、1904年(明治37年)から始まる日露戦争では、戦争需要により大都市部への人口集中が起こり、借地・借家需要が増大します。この頃はまだ、借地人・借家人を保護する法律はなく、1898年(明治31年)に施行さ […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産広告の不当表示について

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は「不動産広告の不当表示について」です。 不動産広告の表示規制 不動産は、人生の中でも最大級の大きな買い物です。そのため、消費者に対して大きな影響を与える不動産広告には、数多くの制限が設けられています。不動産に関する法律・規約である宅地建物取引業法と公正競争規約には、それぞれ表示規則があります。 違反の疑いがある事業主は、首都圏公正取引協議会に呼び出されます。そこで罰則の有無を判断する査問が行われ、業務停止や免許停止、罰金などによって処罰されます。初めての違反の場合、50万円以下の罰金、2度目以降は500万円以下の罰金が課せられる可能性があります。 宅地建物取引業法・公正競争規約には、下記のルールがあります。 ■誇大広告・不当表示の禁止 …物件内容や規模、環境について事実と著しく相違する表示をしてはいけない また、実際のものより優良・有利であると誤解させるような表示 例)主要駅からバス移動の時間を短縮する ■特定事項の明示義務 …一般消費者が通常予測できない物件の性質・地形・環境に関する […]

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産会社のCMに出てほしい有名人

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は不動産会社に出て欲しい有名人。某ファッション雑誌の抱かれたい有名人は?みたいな感じではありますが、こういうランキングが気になる!という方も多少なりともいらっしゃるかと思いますのでご紹介させて頂きます。 「【ランキング】 不動産会社のCMに出てほしい有名人』」 不動産会社のCMに出てほしい有名人ランキングTOP10 1位 木村拓哉 16票 2位 綾瀬はるか 15票 3位 北川景子 12票 3位 福山雅治 12票 5位 竹野内豊 11票 6位 阿部寛   10票 6位 石原さとみ 10票 6位 加山雄三 10票 6位 広瀬すず 10票 10位 天海祐希 8票 【TOP10の主な回答】 1位・木村拓哉さん:好き。カッコイイ。素敵な家庭を持っている。不動産のCMに合っている。 2位・綾瀬はるかさん:資産活用に興味がありそう。綺麗で好感度抜群。清潔感があり、誠実そう。 3位・北川景子さん:家を売るオンナ。賢い内助の功が似合う。家庭的な奥さんのイメージ。好感度が高い。 3位・福山雅治さん:資産があ […]

【Mr.リビンマッチが解説する】実家が空き家になる!?

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は「【調査】 実家が空き家になる40.1%も!」です。 実家が空き家になってしまう可能性について気になる方に、リビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中で気になる調査情報について記載してありましたので、ご紹介させて頂きます。 実家が空き家になる可能性 「実家が空き家になる可能性は30.4%! 既に空き家は9.7%も!」 リビンマッチ(旧スマイスター)の利用者に「実家が空き家になる可能性」を聞いたところ、『ある』(30.4%)、『ない』(58.7%)、『既になっている』(9.7%)、『賃貸だからならない』(1.2%)となり、40.1%の人の実家が空き家の危機にさらされていることがわかりました。 半分近くの方々の実家が空き家になる可能性があるとのことですが、この傾向は今後どんどん増加していくことでしょう。団塊の世代が家を維持できなくなった時に爆発的に増えて一気に空き家だらけになる気がします。 実家が空き家になる理由 つぎに、実家が空き家になる可能性が『ある』または『既になっている』と […]