pic1

不動産会社経営に活用!最新情報が入手できるサイト

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産業界の最新情報が入手できるサイトを紹介していきます。 不動産業界の最新情報が入手できるオススメサイト 不動産会社を経営する際に役立つのは情報です。ここでは、不動産業界の最新情報を得ることができるオススメサイトを3つ紹介します。 リビンマッチ「MagaZine Biz News」 不動産業界は、IT技術を導入することで発展していくと注目を集めている業界です。会社経営に欠かせない最新のWeb集客方法やAI技術の導入・IOT技術の導入など、不動産テックについての情報がリアルタイムで入手できる便利なサイトです。 リビンマッチ「リビン総研」 お客さまが不動産を購入する場合や借りる際の要望は、時代の変化とともに変わります。お客さまの声を聞くことで業績を伸ばすことができると言っても過言ではありません。リビン総研では、お客様が不動産会社に求めることについて最新の情報が記載されています。不動産に関する世論調査結果を入手できることができるサイトです。 リビンマッチ「不動産業界ランキング」 不動産会社を経営するのであれば、業界の動向を知ることは欠かせません。不動産 […]

pic2

不動産業界の最新情報を収集するための基本とおすすめサイト紹介

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産業界の情報を収集するための基本とおすすめサイトを紹介します。 不動産業界の情報収集をするための基本 情報収集の目的を決めておく 不動産業界の動向や現状、将来性などを知るために、専門誌や新聞の購読、ニュースのチェックなどを習慣にし、日々情報収集に努めている方は多いでしょう。 情報収集は、不動産の仕事や業務の向上には欠かせないものですが、適切な情報を効率よく得るためには、情報を収集する目的を最初に決めることが基本となります。 例えば、自分が得た情報や知識を、不動産の仕事や業務の現場でのアウトプットに役立てるという目的を決めることで、求める情報との接点ができやすくなり、必要な情報の取捨選択が明確になります。日々の情報収集が、不動産の仕事や業務の中でどのような成果を出せるのか、どのように生かせるのかを意識することが重要なのです。 情報のソースを確認する 不動産業界全体の傾向や最新のニュースなど、インターネットを利用して収集することが簡単になりました。不動産の仕事や業務の現場では、業界全体の動きにマッチした新規の情報を得ていくことはもちろん、情報のもと […]

pic3

不動産情報サービスを充実させるために利用しよう!

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産業者が情報サービスを提供するにあたり、有効な記事をピックアップして紹介します。 不動産情報サービス「リビンマッチ」 不動産を購入したいと考えている場合も、また売りたいと思っている場合も、消費者は多くの情報を必要とします。大金が動く取引になりますから当然です。不動産売買だけではなく、賃貸に関しても同様です。大切な不動産を賃貸に出す場合、また住居を借りる場合も同様に情報サービスは大切です。 そういった中でとても便利なサービスがリビンマッチです。不動産を売りたいと思ったときに、査定額を比較できます。申し込んですぐに、全国1,400社以上の不動産会社に査定を依頼して最大6社から査定した金額が送られてきます。また、所有している不動産を賃貸に出したい場合に、管理を委託する会社を探すためにもリビンマッチは便利です。 現在は、ネットであらゆるサービスが得られ便利ですから、それぞれの不動産会社も充実した情報サービスを提供することが大切です。消費者は多くの情報を求めてネットを見ています。他の業種と同様、不動産会社も充実したサイトを作りましょう。 サイトで大事な情 […]

pic4

不動産投資をする際にチェックしておきたい動向まとめ

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産投資をする際に知っておくとよい情報をご紹介します。   2020年の東京オリンピック後には、不動産価格は下がる? 現在、都内だけでなく、日本の一部の地域で土地の価格が高騰しています。 つまり、投資をするのであれば、今土地を購入すると高く買うことになります。そして、このオリンピック後には不動産の価格が下がるということであれば、オリンピック後にその土地を売却する場合は、購入価格よりも下がることがあるかもしれないのです。 オリンピック後に不動産価格がどうなるのかは、実際のところわかりません。しかし、世の中の人がどのように考えているのかの情報を知っておくことは、重要です。 不動産投資において、いつ不動産を購入するのか、売却するのかによって利益となるのか、損益となるのかが全く異なってきます。 以下の記事では、オリンピック後に不動産価格がどうなるのかという意識調査の結果を紹介しています。 【調査】不動産価格は「五輪後に下がる」が35.4%! 「不動産売却の経験がある30~60代の男女」を対象に、「不動産売却の売り時」はいつごろなのかについて調査 […]

pic5

不動産収集方法を意識するとビジネスに活きる

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産情報収集の仕方について解説をしていきます。 不動産情報を効率的に得る際に押さえておきたいポイント 不動産情報を効率的に収集することができれば、ビジネスに活かすことができます。情報を制するものは世界を制するという言葉もあるように、営業成績の高い優秀なビジネスパーソンは情報収集を積極的にしているのです。ここでは、不動産情報を効率的に得る際のポイントをお伝えします。 自分が知りたい情報を明確にしておく 情報を検索する際は「どのような情報を知りたいのか」を明確にしておくことがポイントです。とくにWebを利用した情報検索は、自分が知りたい情報以外にも沢山の情報が掲載されており、不必要にWebの情報を閲覧してしまうこともあるでしょう。 どのように不動産情報を収集するかを考える 不動産情報を収集する際には、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、不動産情報を収集する方法について紹介していきます。 1.不動産に関するサイトを利用する いつでも自由に閲覧することができるWebサイトは非常に便利です。簡単に検索することができるので、その場で調べることができま […]

pic6

不動産賃貸に関わる法律の歴史 その2

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は「不動産賃貸仲介の歴史」です。 不動産の歴史について気になる方に、リビンマッチMagazineの中で不動産賃貸仲介の歴史 に関して詳しく記載してある記事になります。歴史を紐解いていくと、現代にも応用できる知識が身につくのではないでしょうか。 ■不動産賃貸仲介の歴史 不動産賃貸仲介は、明治時代から始まります。明治に入ると、土地所有の自由が認められるようになり、不動産が個人資産になりました。それにより、江戸時代に地主の代わりに貸家の管理や地代の取り立てを生業としていた家守(やもり)が貸家の仲介を始めます。これが賃貸仲介の始まりと言われています。 そもそも1870年に建物の管理は地主がすることになり、家守の職が奪われてしまいます。そこで、移動の自由や職業選択の自由によって都市部へ流入してきた人々の住宅斡旋をおこなうようになりました。 同時期に、大規模な不動産企業が誕生しますが、この頃は、土地取引の最盛期で貸家の仲介に企業は参加していませんでした。 江戸時代に職業選択の自由や移動の自由が制限されていた、というのは知識としては知っていましたが、それらが明治維 […]

pic7

不動産賃貸に関わる法律の歴史 その1

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産賃貸に関わる法律の歴史」です。 不動産賃貸の法律について不思議な点があると気になる方は必見です。 ■明治~大正における賃貸の法律 人々に土地が私有財産として認められたのは、明治になってからで1872(明治5年)年に「田畑永代売買」が解禁されてからです。明治政府は、国民に土地を私有化させることで税収を得ようと考えました。これまでは、藩ごとに税率がまちまちだったため、1875年(明治8年)には地租改正を行い、土地価格の3%を地租(租税)として導入しました。 地租改正による地価の3%という税率に加え、現金での納税は、これまで米による年貢を納めていた人々にとっては大きな負担になりました。多くの農民は小作人になり、地主が有利になっていきます。同時に借地制度の需要が高まっていきました。 また、1904年(明治37年)から始まる日露戦争では、戦争需要により大都市部への人口集中が起こり、借地・借家需要が増大します。この頃はまだ、借地人・借家人を保護する法律はなく、1898年(明治31年)に施行された「民法」によって、賃貸人(貸主)と賃借人(借主)は対等な関係 […]

pic8

不動産広告の不当表示について

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は「不動産広告の不当表示について」です。 不動産広告の表示規制 不動産は、人生の中でも最大級の大きな買い物です。そのため、消費者に対して大きな影響を与える不動産広告には、数多くの制限が設けられています。不動産に関する法律・規約である宅地建物取引業法と公正競争規約には、それぞれ表示規則があります。 違反の疑いがある事業主は、首都圏公正取引協議会に呼び出されます。そこで罰則の有無を判断する査問が行われ、業務停止や免許停止、罰金などによって処罰されます。初めての違反の場合、50万円以下の罰金、2度目以降は500万円以下の罰金が課せられる可能性があります。 宅地建物取引業法・公正競争規約には、下記のルールがあります。 ■誇大広告・不当表示の禁止 …物件内容や規模、環境について事実と著しく相違する表示をしてはいけない また、実際のものより優良・有利であると誤解させるような表示 例)主要駅からバス移動の時間を短縮する ■特定事項の明示義務 …一般消費者が通常予測できない物件の性質・地形・環境に関するデメリットは、 分かりやすい場所に明示しなければならない 例)再 […]

pic9

不動産会社のCMに出てほしい有名人

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は不動産会社に出て欲しい有名人。某ファッション雑誌の抱かれたい有名人は?みたいな感じではありますが、こういうランキングが気になる!という方も多少なりともいらっしゃるかと思いますのでご紹介させて頂きます。 「【ランキング】 不動産会社のCMに出てほしい有名人』」 不動産会社のCMに出てほしい有名人ランキングTOP10 1位 木村拓哉 16票 2位 綾瀬はるか 15票 3位 北川景子 12票 3位 福山雅治 12票 5位 竹野内豊 11票 6位 阿部寛   10票 6位 石原さとみ 10票 6位 加山雄三 10票 6位 広瀬すず 10票 10位 天海祐希 8票 【TOP10の主な回答】 1位・木村拓哉さん:好き。カッコイイ。素敵な家庭を持っている。不動産のCMに合っている。 2位・綾瀬はるかさん:資産活用に興味がありそう。綺麗で好感度抜群。清潔感があり、誠実そう。 3位・北川景子さん:家を売るオンナ。賢い内助の功が似合う。家庭的な奥さんのイメージ。好感度が高い。 3位・福山雅治さん:資産がありそう。爽やかで堅実そう。品位があり、不動産が売れそう。似合う。 […]

pic10

実家が空き家になる!?

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は「【調査】 実家が空き家になる40.1%も!」です。 実家が空き家になってしまう可能性について気になる方に、リビンマッチMagazineの中で気になる調査情報について記載してありましたので、ご紹介させて頂きます。 実家が空き家になる可能性 「実家が空き家になる可能性は30.4%! 既に空き家は9.7%も!」 リビンマッチの利用者に「実家が空き家になる可能性」を聞いたところ、『ある』(30.4%)、『ない』(58.7%)、『既になっている』(9.7%)、『賃貸だからならない』(1.2%)となり、40.1%の人の実家が空き家の危機にさらされていることがわかりました。 半分近くの方々の実家が空き家になる可能性があるとのことですが、この傾向は今後どんどん増加していくことでしょう。団塊の世代が家を維持できなくなった時に爆発的に増えて一気に空き家だらけになる気がします。 実家が空き家になる理由 つぎに、実家が空き家になる可能性が『ある』または『既になっている』と回答した人に、「実家が空き家になる理由」を聞きました。最も多かった回答は『専ら、住む予定がない』(7 […]