【Mr.リビンマッチが解説する】自動販売機による土地活用

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は『自動販売機による土地活用のメリットとデメリット』です。 自動販売機による土地活用のメリットとデメリットについて気になる方にリビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中で魅力やメリットについて記載してある記事を見つけました。   道路に面している場所や、人通りが安定している場所に家や土地がある場合、わずかなスペースさえあれば、副収入を得ることができます。 それが自動販売機の設置です。 電気代も安く、管理も業者に一任できるため、土地活用の一環としてチャレンジしない手はありません。 自動販売機を設置することは土地活用として有効か 土地とはいっても、中には家を建てるには狭い土地であったり、土地の形が変形して建物を建てるには不便だったりするような土地が存在します。 コインパーキングにするにもちょっと手を焼くような場所の土地活用をしていくにあたり、自動販売機の設置は有効です。 必要となるスペースは1メートル四方のスペースで十分であり、飲料の自動販売機のみならず、証明写真や1000 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】土地活の失敗例から学ぶ

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は 『土地活用の失敗例から対策を学ぶ』 土地活用の失敗例から対策について気になる方にリビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中で魅力やメリットについて記載してある記事を見つけました。   土地は更地にしておくと固定資産税が6倍にもなりますから、土地活用は急務です。 しかし、土地活用方法を失敗すると、初期投資費用が重くのしかかり、更地にしていたほうがまだ有利だったという状況にもなりかねません。 土地活用の具体的な失敗例を確認することで、将来の土地活用に向けて事前に対策をとるための参考にしましょう。 アパート経営・マンション経営における空室問題での失敗 土地を更地にしておくと、固定資産税は6倍になります。 以前なら土地は右肩上がりで値段が上がっていきましたが、現在は地価は低下傾向にあります。 売却せず、持っているだけでは負の資産ともなりかねないので、土地活用することで収益を上げなければなりません。 その際によく用いられるのが、アパート経営・マンション経営といった方法です。 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】ホテルで土地活用

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は 『ホテルによる土地活用のメリットとデメリット』 ホテルによる土地活用のメリットとデメリットについて気になる方にリビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中で魅力やメリットについて記載してある記事を見つけました。   市街化調整区域から外れるなどの理由や、農地として保有していた広大な土地を有効活用したいなどの理由で、土地の利用方法にホテルを検討されている方々に向けて、様々なメリットやデメリットについてまとめて紹介します。 ホテルによる土地活用は有効か マンションやオフィスビル、工場などではなく、ホテルという特殊な建物として土地活用を検討されているのであれば、改めて確認する必要もないかと思われますが、まずその土地は、観光客や出張者にとって利便性が高く、十分な宿泊客が見込める場所であるかどうかが重要です。 なかには辺鄙(へんぴ)な場所で成功しているケースがあるのは事実ですが、ホテルに適した立地というものが根本にあります。 利便性の高い駅から近い(あるいは隣接している)ことや […]

【Mr.リビンマッチが解説する】保育園・保育所による土地活

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は 『保育園・保育所による土地活用のメリットとデメリット』   昨今待機児童問題がマスコミなどで多く取り上げられ、それに伴い保育園や保育所の不足がクローズアップされています。 そんな状況にあって、地域貢献のできる土地活用の方法として、保育園建築が注目を浴びつつあります。 保育園や保育所による土地活用は有効か 土地活用を考えている土地のオーナーにしてみれば、保育園や保育所の建設は地域に貢献しながら、安定した収益を得る事ができる土地活用法です。 というのも、認定保育園として土地を提供した場合、実際の借り主は保育園の運営会社では無く、国や地方自治体なので、一般的な賃貸物件とは異なり、借り主の家賃滞納などの心配がほぼ皆無となります。 また、賃貸契約は長期契約になっている上に、毎月の賃料は一定していて家賃の値下がりも無いため、長期にわたって安定した収益を得る事が期待できます。 従って、土地活用の手段としては比較的少ないリスクで安定した収益を長期にわたって得る事ができるのが、保育園や保育所 […]

【Mr.リビンマッチが解説する】入居率をアップの方法

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は 『アパート経営・マンション経営において入居率をアップさせる方法とは』   アパート経営やマンション経営のリスクで、まず思いつくことといえば、収入を大きく左右する『空室』でしょう。 相続税対策として注目されるアパート経営・マンション経営は、賃貸需要を超える供給を生み出し、飽和状態となっています。 「年間で合計●室までに空室を抑えておかなければ…」そんな危機感を持っているオーナーも少なくないはずです。 『家賃収入から借入金を返済する』という、基本的なシステムを揺るがす空室問題。 入居率をアップさせるには、また、高い入居率を維持するためには、どうすれば良いか考えます。 入居率はなぜ下がる? 一般的に、スタートから5年間が90%以上、それ以降は80%の入居率を維持することが目安とされているようです。 では、なぜ入居率は下がる(空室率は上がる)のでしょう。 主な理由(問題)を挙げてみました。 【理由①】築年数 【理由②】設備が充実していない 【理由③】募集活動を積極的に行っていない […]