【リビンマッチ】みんな知りたい不動産賃貸仲介の歴史

不動産賃貸仲介の歴史について自分で調べてまとめて行くのは大変ですよね。

そんな不動産賃貸仲介の歴史がリビンマッチMagaZine Bizでまとめて見ることができます。

今回ご紹介するリビンマッチMagazine記事はこちら

『不動産賃貸仲介の歴史』

https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/h-s/4727

リビンマッチMagazineではアメリカ市場好調の要因を紐解いていきます。

 

その内容は

■不動産賃貸仲介の歴史

不動産賃貸仲介は、明治時代から始まります。明治に入ると、土地所有の自由が認められるようになり、不動産が個人資産になりました。それにより、江戸時代に地主の代わりに貸家の管理や地代の取り立てを生業としていた家守(やもり)が貸家の仲介を始めます。これが賃貸仲介の始まりと言われています。

そもそも1870年に建物の管理は地主がすることになり、家守の職が奪われてしまいます。そこで、移動の自由や職業選択の自由によって都市部へ流入してきた人々の住宅斡旋をおこなうようになりました。

同時期に、大規模な不動産企業が誕生しますが、この頃は、土地取引の最盛期で貸家の仲介に企業は参加していませんでした。

■借り手がいるのに、空室率が上がる

■大企業と小規模事業者の隔たり

■賃貸仲介のフランチャイズ

と続きまとめで終わります。

もし不動産について勉強をはじめてみようと思っているけど、あまり興味がないという人も

ー不動産業に従事している人であれば、不動産の歴史について知っておいた方がよいでしょう。不動産賃貸仲介業の始まり、そして発展したのはいつなのでしょうか。歴史を紐解いていくと、現代にも応用できる知識が身につくはずです。(リビンマッチMagaZine Biz編集部)

とリビンマッチMagaZine Biz編集部の方がいっているので、一度ぜひご覧になって見てはいかがでしょう。