営業会議で上司に詰められたときの緊急回避法について

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は

『営業会議で上司に詰められたときの緊急回避法とは!?』

一体どのような内容なのでしょうか。

毎週やってくる営業会議…。営業成績の良い社員であれば、ストレスを感じることはありません。しかし、成績が伸び悩む社員にとっては、上司からのありがたいお言葉が、ときには大きな苦痛になることも…。そこで、今回は、「営業会議で上司に詰められたときの緊急回避法」をご紹介します。(リビンマッチMagaZine編集部)

・○○君って公務員だったっけ?えっ違うの?いやいや業績が上がっていないのに給料が出ているから、てっきり税金から給料が出ているのかと思ったよ

・僕はね、君に頑張ってほしいって言ってるのじゃないんだよ。ただ結果を出して欲しいだけなんだよ

・来月の給料袋にはお札じゃなくて、会社から〇〇君宛ての請求書を入れたいくらいだよ

・業績を上げなくても休日はやってくる。なんて素敵なんだ

・〇〇君、明日の朝礼で他の営業マンにお礼を言ってもらえないかなぁ。「今月も皆さん、僕の給料を稼いでくださり本当にありがとうございます」ってね

・先月、「来月は必ず目標を達成します」って言ってたよね。君自身が言った言葉だよ。小学校で習わなかったかな「嘘つきは泥棒の始まり」って。あっ、○○君は嘘つきだから給料泥棒なんだ

・このままだと、君も会社も不幸になるよ

・君が言ってるのは「見込み」じゃなくて「妄想」

記事の中ではこのように上司が部下を詰める文章がいくつか書かれた後に

その対処法が書かれています。

対象法とはいったい….。