【Mr.リビンマッチが解説する】自社ブログに社員のランチ情報を書く会社は売上が伸びない!?

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は

『自社ブログに社員のランチ情報を書く会社は売上が伸びない!?』

FacebookやTwitter、Instagramと同様にネットを介して情報を発信する手段として、「ブログ」があります。不動産会社の中にも「スタッフブログ」や「社長ブログ」といった形で自社HP上に公開しておられるところがございます。

しかし…不動産会社がブログを書く意味ってなんだと思われますか?
ではここで、「不動産会社のスタッフブログ風」に、文章を書いてみますのでご覧ください。

2018年03月07日

タイトル:腹が減っては戦ができぬ!(笑)

こんにちは。○○不動産の羽生結弦こと、山田太郎です。なんちゃって。
平昌オリンピック終わっちゃいましたね~。個人的には女子カーリングにはまってしまいまして、本日のご案内時にお客様から、「この物件日当たりが悪いですね」と言われた時、「そだねー♪」と返事をしてしまい、物件を買っていただけませんでした。…って、ウソウソ(笑)

まぁ、物件を買ってもらえなかったのは本当なので、次の案内に備え気合を入れるためにも、これまた女子カーリングを見習って「モグモグタイム」を実施!
ずっと前から気になっていたカレーうどん屋さん「麺屋△△」でランチを頂きました。讃岐うどん風のコシのあるうどんに、スパイシーなカレーのおつゆが絡まり、口いっぱいに幸せが広がります。

カレーうどんが大好きな私は○○駅前の「○○亭」のカレーうどんが一番だと思っていたのですが、麺屋△△さんもなかなかの美味!どちらが金メダルをとってもおかしくない好勝負です!

※「いいね」を押して下さい⇒いいね!

 

とよくある感じのブログ内容が例で書かれています。

いかがでしたか?この「不動産会社のスタッフブログ風」は?

ハッキリ言います。こんな文章を「会社のHP」に掲載しても、何の効果も期待できません。
このようなブログを書いている不動産会社の方にお聞きすると、「日頃なにをしているかを発信し、親近感を持ってもらうために書いています」との答えが返ってきます。これって本当でしょうか?

これが欅坂46の女の子や、有名スポーツ選手なら「どんなランチを食べているのかな?」と興味を持たれることもあるでしょう。しかし、街の不動産屋さんのランチなんて…興味があると思いますか?親近感が湧くと思いますか?

ましてや上記ブログ例のように、「○○不動産の羽生結弦こと、山田太郎です。なんちゃって」や「そだねー♪と返事をしてしまい、物件を買っていただけませんでした。」など、寒くて、寒くて凍死しそうな冗談を飛ばされても…親近感どころか殺意が湧く人も多いのではないでしょうか。

不動産プレイヤーがブログを書く目的は親近感ではなく、ネットマーケティングの視点から主に次の3つです。
①SEO効果※
②サイトの更新頻度向上
③インデックス数の増加(沢山のページが検索エンジンに読み込まれること)

その中でも①の「SEO効果」が最も重要です。
※注1:SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、グーグルやヤフーといった検索エンジンで上位表示させるための施策を指します。

例えば「さくら堀留ビル」(編注※リビンマガジンBiz編集部があるビルです)という名前の分譲マンションがあったとして、そのマンションを売却したい方からのアクセスを集めたいとします。

その場合、ブログのタイトルに「さくら堀留ビル」「売却」「査定」といった文言を入れ、本文中にもこれらのキーワードを散りばめれば、「さくら堀留ビル 売却」や「さくら堀留ビル 査定」といった文言で検索された方にアクセスいただけるかもしれません。

つまり、ランチのブログを書くのではなく、不動産のプロとして「さくら堀留ビル」についての記事を書けばよいのです。この要領で、商圏内のマンション・地名・駅名・学校区といったキーワードを攻めて行けば、集客力に優れた素敵なホームページが完成します。

深い考えもなしに「みんながやっているから」とか「親近感がわくだろう」という理由でランチ報告ブログをやっているのなら、お客様の視点が欠けているのではないでしょうか?

こうした会社ではチラシ集客や接客などでも、無駄や勘違いが横行している可能性があります。

どうせブログを書くなら、お金儲けに繋がる記事を書きましょう。

追伸:
この記事は「ランチのブログ」を完全否定している訳でありません。実際、私の知り合いである兵庫県の不動産会社社長は「日常を記載したブログ」で大変有名になられました。しかし、この手法で商売に繋げるには相当の努力とセンスが必要です。したがって、不動産関連の記事をブログに書く方が容易に集客に繋がるので、皆様におすすめしております。

■本日の格言
・不動作会社ブログはSEO効果を意識して書くべし!
・記事には商圏内のマンションや地名といったキーワードを設定し、不動産のプロとして詳しく書くことを心がけよ