家賃収入の申告漏れや確定申告をしないと….

「リビンマッチ・マガジンファン」今回は

『家賃収入の申告漏れや確定申告をしないとどうなるか』

低リスクで、相続税対策としても人気のアパート経営・マンション経営(不動産投資)ですが、アパート経営・マンション経営が本業でない場合、確定申告に対して意識をされていないという方もいるようです。

 

今回は、確定申告をしなかったり、申告漏れ、申告・納税の遅れがあった場合のペナルティや手続きについて紹介します。

 

赤字でも収入が低くても確定申告は必要? 確定申告が必要な収入ラインは?
アパート経営・マンション経営による家賃収入がある場合は、確定申告が必要です。
ただし、所得額(不動産所得と給与・退職所得以外の所得の合計額)が20万円以下である場合は必要ありません。

 

赤字の場合は、損益通算により、給与から源泉徴収されている所得税から返金(還付)がありますので、是非、確定申告をしたいところです。
特に、物件購入直後の経営スタート時には、初期投資によって赤字になる可能性が高いため、今後、アパート経営・マンション経営を開始したいという方であれば、確定申告は最初から意識した方が良いということになります。

 

※損益通算とは:所得税は総合課税方式であることから、不動産所得の損失(赤字)を他の利益(黒字)と通算して課税所得を計算できること。結果、納める税金を少なくできます。