【リビンマッチ】入居率をアップの方法

今回ご紹介するリビンマッチMagazine記事はこちら

『アパート経営・マンション経営において入居率をアップさせる方法とは』

アパート経営・マンション経営において入居率をアップさせる方法について気になる方にリビンマッチMagazineの中で魅力やメリットについて記載してある記事を見つけました。

 

 

アパート経営やマンション経営のリスクで、まず思いつくことといえば、収入を大きく左右する『空室』でしょう。

相続税対策として注目されるアパート経営・マンション経営は、賃貸需要を超える供給を生み出し、飽和状態となっています。
「年間で合計●室までに空室を抑えておかなければ…」そんな危機感を持っているオーナーも少なくないはずです。

『家賃収入から借入金を返済する』という、基本的なシステムを揺るがす空室問題。
入居率をアップさせるには、また、高い入居率を維持するためには、どうすれば良いか考えます。

入居率はなぜ下がる?
一般的に、スタートから5年間が90%以上、それ以降は80%の入居率を維持することが目安とされているようです。
では、なぜ入居率は下がる(空室率は上がる)のでしょう。
主な理由(問題)を挙げてみました。

【理由①】築年数
【理由②】設備が充実していない
【理由③】募集活動を積極的に行っていない
【理由④】管理の面が行き届いていない
【理由⑤】家賃設定が高い

理由①②は、スタート時に高い入居率であった場合、セットで考えるべき問題です。
新築当時は設備も最新で外観も当時人気のスタイルで、あっという間に入居者が決まったけれども、時が経てば中古物件となります。
設備も、今はもっと便利で省エネなものが出回っているなどが考えられます。

理由⑤も、新築時は適正な家賃設定だったけれど、現在は築年数の割に周辺相場より高くなっている場合があります。

理由③④は、不動産仲介会社、管理会社の選定や関係性に問題があった場合です。
新築当初は積極的に動いてくれた不動産仲介会社、管理会社も、新築を優先することで中古となった物件には手が回らないといった場合もあります。
管理についてはオーナー自身が行っている場合もありますが、築年数が経つことで、個人では管理が難しくなってきたという例もあります。

入居率をアップされる方法
入居率が下がる主な理由を挙げてみましたが、この問題、対策には大きく分けて
『物件の魅力をあげる』『パートナーの見直し及びパートナーとの関係の見直し』『家賃の見直し』の3種類があると考えられます。

 

より詳しくコンビニによる土地活用のメリットとデメリットについて知りたい方は

不動産コラム リビンマッチコラム

こちらをご覧ください。