【Mr.リビンマッチが解説する】自動販売機による土地活用

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は『自動販売機による土地活用のメリットとデメリット』です。

自動販売機による土地活用のメリットとデメリットについて気になる方にリビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中で魅力やメリットについて記載してある記事を見つけました。

 

道路に面している場所や、人通りが安定している場所に家や土地がある場合、わずかなスペースさえあれば、副収入を得ることができます。
それが自動販売機の設置です。

電気代も安く、管理も業者に一任できるため、土地活用の一環としてチャレンジしない手はありません。

自動販売機を設置することは土地活用として有効か
土地とはいっても、中には家を建てるには狭い土地であったり、土地の形が変形して建物を建てるには不便だったりするような土地が存在します。

コインパーキングにするにもちょっと手を焼くような場所の土地活用をしていくにあたり、自動販売機の設置は有効です。
必要となるスペースは1メートル四方のスペースで十分であり、飲料の自動販売機のみならず、証明写真や1000円自動販売機などを設置することもできます。

また、将来的に店舗を拡張したいけど、それまでには時間がかかるという場合にも、空き地の有効活用として自動販売機の設置をするケースも存在します。

なぜ土地活用になるの?メリットやデメリットとは
自動販売機を設置する上でのメリットは、人件費がかからず、収入を得られる点です。
飲料の補充やメンテナンスは業者がやってくれるため、わざわざ補給するという手間はかかりません。

防犯上の観点でも、自動販売機は年々進化しており、狙われる心配も少なくなっています。

デメリットとしては、自動販売機の周辺が汚れてしまうという問題です。
ゴミがたまるだけでなく、灯りに虫が群がったり、灯りの近くでたむろする人の存在など、面倒なことになりかねず、近隣住民から抗議が来る可能性も考えられます。

土地活用として自動販売機を設置する場合には、メリットとデメリットを十分に検討した上で、土地活用の長期的な計画と共に考えていかなくてはなりません。