【Mr.リビンマッチが解説する】賃貸の委託管理を見直す

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は

『賃貸の委託管理を見直そう』

賃貸の管理を管理会社に委託する際、委託できる管理方法を選べることがあります。では委託管理にはどんな種類があるのでしょうか?オーナーの要望にあわせて、管理の効率のよい管理委託を選択しましょう。

 

任せきりの管理委託に要注意!

一般的に、不動産の管理は、建物を建てた会社にお願いしたり、相続等で前権者からの流れで今の管理会社に任せている方が多いでしょう。不動産の管理の内容に関して、通常の入居募集・契約処理・クレーム・家賃集金督促・入退去処理・リフォームなど、一般的な不動産管理会社であれば上記の基本管理業務が管理料に含まれてます。そして管理委託料も「上記内容が全部含まれて管理料が○%です」とざっくりとした説明で管理を任せているオーナー様が非常に多いと思われます。

しかし、その後の不動産経営の中で管理料以外の部分で費用がかさむことがあり、驚かれるオーナー様が多いようです。
時代の変化と共に、入居者のニーズや法律関係まで様々に変わっています。不動産の管理業務も昔と比べて、24時間緊急対応や入居者専用のオペレーションセンター、滞納保証など複雑になっており、各オーナー様もそれぞれで不動産投資に求める物や求める形も変わってきております。

 

不動産管理も、物件の種別・築年数・委託業務内容などからきちんとオーナー様が選んで管理をお願いする時代に変わってきているのです。