【Mr.リビンマッチが解説する】マンション管理会社変更の流れ

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・マガジンファン」今回は

『マンション管理会社変更の流れ』

マンション管理会社変更の流れについて気になる方にリビンマッチ(旧スマイスター)Magazineの中でマンション管理会社変更の流れについて関して詳しく記載してある記事を見つけました。

 

分譲マンションの管理組合の理事や理事長になった時、現状の管理会社の変更を考えなければならないことがあるかもしれません。そうなったとき、どうやってことを進めどんなことに注意するべきなのでしょうか。西鉄不動産株式会社 関塚様にお伺致しました。

 

基本的なお話ですが、マンション管理会社はどういった仕事をしているのでしょうか。
二種類あります。

 

管理組合の理事長、理事の方に代わってちょっとしたお手伝いをする。
管理組合の理事長さんや理事の皆さまであっても、勤めてらっしゃったりしますので、毎日管理組合の仕事をすることはできません。そこで管理会社が代わりに掲示物を掲示したり、お客様に電話したりなどのお手伝いをします。
専門的なアドバイスをする。
専門的な見地から、管理組合にアドバイスします。ときにはこういったことはマズイといったことも忠告します。

<マンション管理会社はキャビンアテンダントに近い!>

よく例え話で言うのですが、マンション管理会社はCAに似ていると思います。CAの仕事というのは搭乗のお手伝いや、お食事や飲み物を出すといったサービス要員のイメージがあります。しかし、本当は何かあった時の保安要員なんです。緊急な事態になったとき、専門家として対処しなければいけないという使命があります。
マンション管理会社も同様で、普段は掲示・連絡といったサービス的な仕事をしています。しかし何かあった時、例えば少し変わった居住者がいて、理事長さん組合員さんが困っている、そんな場合に適切にアドバイスして対処するのが管理会社本来の仕事だと思います。

マンションの管理会社を変更するときの流れを教えてください。
管理組合の中でコンセンサスをとる。

これは根本的に一番大事なことです。最低でも理事会の中でコンセンサスが得られているかが重要です。1人の方が自分の感覚だけで見積もりを依頼したりするのは非常によろしくありません。
管理組合は会社とは違います。社長がいて専務がいて・・・といった序列があるわけではなく、管理組合が100人いたら、100人が公平な権利を持っています。その中で1人の方が勝手に管理会社を変える為に動いたとしても、最後で変更の話を聞いていない方からの反対で、変更できなかったという例は結構あります。
管理会社に見積もりの依頼を出す。
管理会社に見積もりを依頼する場合、最低3社以上に依頼するのをおすすめします。依頼する管理会社探しは理事会以外の方も巻き込んだ方がスムーズです。リビンマッチ(旧スマイスター)のようなサービスを利用したり、ネットで調べてみるのも有効です。

共通の見積り+提案型の見積りを貰う。
複数社に見積もりを依頼する場合、注意するべき点が共通の仕様で見積りを貰うということです。金額の比較の際に、条件が同じものでなくては比較ができません。
それに加え、「御社はウチのマンションについてどう思われますか?」といった提案型の見積書を貰うことも良いでしょう。そこで管理会社ごとの「提案力」の差を見ることができ、会社選びのポイントにもなると思います。

プレゼンテーション

見積りを全て比較したのち、各管理会社からプレゼンテーションをしてもらうと良いでしょう。できれば管理組合全員に対して公開でのプレゼンテーションです。
総会 新しい管理会社は総会で決めます。