【リビンマッチ】CAが住む素敵な街はどこ?

CA!!なんと素敵な響き。
世の男性の中にはキャビンアテンダントさんと知り合いになりたいと思う方もいるでしょうか。
好みの女性とお近づきになるための効率的な方法はご近所に住むこと!
本日ご紹介するのは、水天宮・人形町は憧れのCAが住む素敵な街だった!というリビンマッチ記事。
https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/sumaistarmagazine/1221
リビンマッチMagaZineBiz編集部の総力を挙げた取材の結果は必見です。

 

水天宮・人形町は憧れのCAが住む素敵な街だった!

成田・羽田空港に通いやすい蒲田に住むキャビンアテンダント(CA)が多いと話題になった。
しかし、空港への直通バスがある水天宮・人形町といった日本橋近郊の下町エリアにもCAが多く住んでいるらしい。

水天宮・人形町でCAを探しました
時刻は朝6時。

日の出前の早朝にやってきたのは水天宮にある東京シティ・エアターミナル(通称・T-CAT)だ。
検証の最初の地はここになる。

T-CATは羽田と成田の両空港へ直通バスが出ている発着所だ。
水天宮・人形町エリアにCAが多いと噂されるのもこれがあるためだ。

検証するのは密かに高嶺の花・CAにお近づきになりたいと目論む編集部N。
N「眠いです」
編集部では事前に航空会社で働いていたことがある人物から、出勤途中のCAの特徴を取材済みだ。

CAの外見的特徴!
①黒いキャリーバッグ
②黒いストッキング
③髪はお団子か夜会巻きでカッチリとまとめている
④襟元まで隠したコートを着用

上記の規定は各航空会社に共通の規定だ。
①~③は華美な服装を避けるためのもの。
④はコートの下に来た制服を見せないための規定だ。
空港以外で制服を見せることは厳しく禁じられている。
話しはそれるが、制服の管理にはとても厳しい決まりがある。

CAに支給する制服には各航空会社が個別の識別番号を記していて、
もし流出しても誰に支給したものかわかるようになっているらしい。
他人に譲渡したり、貸したりはしてはいけない。
保安上の問題があるためだ。

とにかく上記の4条件がそろえばCAで間違いないという。
さっそく取材開始
寒い。
眠い。
しかもCAさんはいない!
いやまず、早朝過ぎて人が少ない…
ますますテンションが下がるN。
N「4時30分起きですよ…」
しかしその時!
あ!
いた!
全ての条件を満たした、あの後姿は間違いないCAだ!
俄然テンションが上がるN。
ここから精力的に調査を開始。
結局6時から8時までの2時間で7名のCAが確認できた。
しかし、そのうち4名は地下鉄半蔵門線の水天宮駅出口からT-CATに来ていたため、
周辺エリアに住んでいる可能性は少なそうだ。
確証が少ない。
いったん、編集部にもどることに。
N「ここで諦めたらダメです!」
急にテンション高くなったな…

水天宮・人形町の不動産会社に電話取材
水天宮・人形町周辺の不動産会社に聞いてみることにした。
やります!
いつになく、やる気マンマンだな…
何なんだよ、この集中力は!
結局、午前中だけで25店舗に電話で取材した。
そして、

証言が集まったんですよ、これが。
人形町エリアに店舗をおくその名も人形町不動産の加藤マネージャーによると
「店舗の2-3割はCAさんです」とかなりの来店があるという。
さらに水天宮駅すぐ近くの全国チェーン賃貸仲介会社の店員さんからも
「月に3組は来店があります。
少し前まで別のエリアの店舗で働いていたが、CAは1年に一組あるかないかだったのに」と、驚いている。

その他の店舗、どこに電話してもCA客がたくさんいるのだ。
やはり水天宮・人形町にCAがたくさん住んでいるのは本当だった!

不動産会社からの情報まとめ
まずCAは入社3年目までは羽田空港勤務なので羽田の周辺が多い。
その後は成田空港発着の便にも搭乗することになるので、成田へのアクセスもよい水天宮エリアに引っ越す人が多い。
年齢は25-28歳が多くなる。
設備については防犯などは当然として、
不規則な勤務体系で家を空けることも多いので24時間のゴミ捨てや宅配ロッカーなどが必須。
また独立洗面台も必須だ。
前述のように服装規定で髪をとめなければならないため、

大量のヘアスプレーを使っても息苦しくない広々としたパウダールームが必要だという。
1Kで10万円前後の家賃が相場だが、CAは12万円くらいの部屋を探すひとが多い。
そしてエントランスなど外観部分を気にする人が多い。
CAの部屋探しあるあるまで聞けた。
とにかく、水天宮・人形町エリアにCAがたくさん住んでいるという噂は本当だったのだ。
CAの部屋探し特徴
水天宮・人形町は入社3年目以降
年齢は25~28歳が多い
家賃は相場より高い
宅配ボックス、24時間ゴミ捨て必須
独立洗面台必須
外観が重要
いえ。
N「この目で見るまでは信じられません」
え?いやでも家まで行くのはダメだぞ。
N「もちろんです。CAさんが来そうな飲食店に行って、確かめましょう」
まあ、それなら…
N「たまり場があるはずです」
N「じゃあ行きましょう!」
本当にいるのか再度たしかめます
おい。
おい。
おまえ!食ってるだけだろ!
しかもCAはいないし、
店員さんも「当店には、いらっしゃいませんねー」と情報なし。
そして12時近くになり、開いている飲食店の数も減ってきた。
CAが集まる店なんてないんじゃないか?
疑問を抱きつつも、最後に訪れたのは人形町のとあるBAR。
N「このお店ってCAさんのお客さんて、よくいらっしゃいますか?」
バーテンさん「めちゃくちゃいらっしゃいますよ!」
ありました!
バーテンさん「たくさんいらっしゃるので、私服でも完全にわかるようになりました」
何だよ、その特殊能力。
バーテンさん「赤か青かまでは、さすがに見ただけじゃ分からないですけどね!」
赤(JAL)か青(ANA)とか、わかったら怖いでしょ。
バーテンさん「詳しくは言えませんが…。近くにあるマンションは住人の半分がCAさんで、残りの半分は大きな病院の看護婦さんらしいですね」
何それ!?
ホスピタリティのある女性が好きな男性にとって夢のマンションではないですか!
CA!
ナース!
水天宮・人形町!
バンザーイ!
翌日….
水天宮・人形町への引っ越しを真剣に考え始めるNだった。
※担当編集より読者の皆様へ

好評を博したこちらの記事の第2弾がございます。
あわせてご覧ください。
(京急・糀谷駅はCAが安心して暮らす街だった!)